So-net無料ブログ作成
検索選択

ロシア革命アニメーション1924-1979 [映画・ノンジャンル]

同じストーリーを実写とアニメーションとで撮ったら断然前者の方が好きだ。人間が全く違う人間を演じるといういかがわしさが好きなのだ——そこで発生するずれ(俳優とキャラクターの、或いは監督と俳優の)も含めて。アニメーションは監督の思い入れが直接キャラクターを成立させてしまっていて、素直すぎてつまらない、とウラジミール・タラソフの『射撃場』を観るまでは、思っていた。
プロパガンダであるので最初から監督の言いたいこととキャラクター&ストーリーラインに「ずれ」があるのは他の作品と同じだ。みんな揃ってクールでキッチュ、監督の思い入れたっぷりの美少女などが登場しないのは嬉しいのだが、ぶったまげたのは『射撃場』、このあまりに衝撃的なアニメーションは、アニメーションでしか出来ないことがあることを知っている。ストーリーラインと絵自体は過激でアバンギャルド、そしてなんといってもフリージャズ音楽と人物の動きの驚くほどの官能性! それらが相まってなんとも情熱的でカッコイイ世界を形作っている。
1924年に作られたジガ・ヴェルトフの『ソヴィエトおもちゃ』から1979年の『射撃場』まで、見渡せばこの国はいつでも夢を、情熱を追ってきたのだったと痛感した。
http://www.takeshobo.co.jp/sp/russia/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。