So-net無料ブログ作成
検索選択

『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』刊行記念イベント [アジア映画]

『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』刊行を記念して、2/3(金)20:00~、B&Bでトークイベントを開催します。
佐々木敦×夏目深雪×金子遊
「アピチャッポン映画とは何か、批評の未来」

アピチャッポンは観客に解釈の余地を与える、といえば聞こえはいいが、要は空洞、ブラックホールのようなものなのではないか。そうすると、映画、文学、音楽、演劇、あらゆるジャンルの間の壁や境界線をものともしない佐々木さんとの共通点が見えてくるような気がする。要は、実作のブラックホール、アピチャッポンと、批評のブラックホールである佐々木さん。そんな佐々木さんと編者の2人でアピチャッポンとはいったい何者なのか、そして映画批評のアクチュアリティについて考えます。

http://bookandbeer.com/event/20170203_apichatpong/

アピチャッポン・ウィーラセタクン  ──光と記憶のアーティスト

アピチャッポン・ウィーラセタクン ──光と記憶のアーティスト

  • 作者: 夏目 深雪
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。