So-net無料ブログ作成
アジア映画 ブログトップ
前の10件 | -

激闘! アジアン・アクション映画大進撃 [アジア映画]

映画秘宝EX『激闘! アジアン・アクション映画大進撃』(浦川留・岡本敦史・夏目深雪編、洋泉社刊)が発売となりました。一昨年の年末頃から3人で秘密裏に(?)、そしてアツく進めてきた企画です。
香港映画のみならずタイ・インドネシアといった最近興隆めざましい東南アジア、そしてインドやイランといった中東までアジアン・アクションの全てを網羅した本は初めてなのではないでしょうか。
コラムや小論のほか、マックス・チャン、ウィルソン・イップ、ダンテ・ラムといった俳優・監督インタビュー、巻末には年代ごとに重要作品をピックアップした年表とアジアン・アクション100選もあります。
ぜひ書店でお手にとってご覧ください。そのままそれをもってレジに駆け込むこと必須です。

私は
・ダンテ・ラムインタビュー(浦川さん、岡本さんと共同)
・コラム「ダンテ・ラム--肉体の限界を超えて」
・コラム「韓国アクション映画における北朝鮮の表象」
・小論「アクション原論--すべての映画はアクション映画である」
・番外編コラム「サイレントアクション映画」
を執筆しています。


映画秘宝EX激闘! アジアン・アクション映画大進撃 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)

映画秘宝EX激闘! アジアン・アクション映画大進撃 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: ムック



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』刊行記念イベント [アジア映画]

『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』刊行を記念して、2/3(金)20:00~、B&Bでトークイベントを開催します。
佐々木敦×夏目深雪×金子遊
「アピチャッポン映画とは何か、批評の未来」

アピチャッポンは観客に解釈の余地を与える、といえば聞こえはいいが、要は空洞、ブラックホールのようなものなのではないか。そうすると、映画、文学、音楽、演劇、あらゆるジャンルの間の壁や境界線をものともしない佐々木さんとの共通点が見えてくるような気がする。要は、実作のブラックホール、アピチャッポンと、批評のブラックホールである佐々木さん。そんな佐々木さんと編者の2人でアピチャッポンとはいったい何者なのか、そして映画批評のアクチュアリティについて考えます。

http://bookandbeer.com/event/20170203_apichatpong/

アピチャッポン・ウィーラセタクン  ──光と記憶のアーティスト

アピチャッポン・ウィーラセタクン ──光と記憶のアーティスト

  • 作者: 夏目 深雪
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 単行本



『アピチャッポン・ウィーラセタクン 光と記憶のアーティスト』 [アジア映画]

『アピチャッポン・ウィーラセタクン 光と記憶のアーティスト』がフィルムアート社から発売となりました。
アピチャッポン・イヤーの今年を総括するかのごとく、アート/人類学/映画と3つのカテゴリーから現代映画を刷新しているこの映画作家を多角的に解析しています。

編集、執筆/夏目 深雪, 金子 遊
執筆/相澤 虎之助 , アピチャッポン・ウィーラセタクン , 飴屋 法水, 綾部 真雄 , 伊藤 俊治 , 岩城 京子 , カレン・ニューマン , 北小路 隆志 , キュンチョメ , 佐々木 敦 , 高野 秀行 , トニー・レインズ , 中村 紀彦 , 福島 真人 , 福冨 渉 , 福間 健二 , 港 千尋 , 四方田 犬彦 , 渡邉 大輔 他

私は『蔡明亮、バルト、アピチャッポン-身体、同性愛、名付け得ぬもの-』という二万字の論考と『ブリスフリー・ユアーズ』『ブンミおじさんの森』のレビューを寄稿しています。論考は、同性愛を切り口に蔡明亮、プリンス、ロラン・バルト、M・ジャクソン、川口隆夫、アピチャッポンについて書いています。アピチャッポンに負けないようにと冒険して書いてみました。他の論考も力作ぞろいです。下記会場でも販売中です。ぜひお手に取ってご覧ください。

東京都写真美術館で個展「亡霊たち」展示中!https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2572.html … …
イメージフォーラムで全劇場長編+関連作上映中!
http://www.moviola.jp/api2016/woods2/index.html … …


アピチャッポン・ウィーラセタクン  ──光と記憶のアーティスト

アピチャッポン・ウィーラセタクン ──光と記憶のアーティスト

  • 作者: 夏目 深雪
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2016/12/21
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦 [アジア映画]

8/3発売の「映画秘宝EX 最強ミステリ映画決定戦 」で、「アジアミステリ映画ベスト5」を選出・執筆しております。暑い夏にぴったりのミステリ映画読本です。ぜひ!

映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)

映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦 (洋泉社MOOK 映画秘宝EX)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2016/08/03
  • メディア: ムック



インド映画完全ガイド [アジア映画]

10/8に『インド映画完全ガイド マサラムービーから新感覚インド映画へ』([監修・編集]松岡環・[編集]夏目深雪・佐野亨/世界文化社)が発売されました。
インド映画のことはこの本を読めばすべてわかる!的な勢いで、話題沸騰中のインド映画を多面的に紹介した決定版ガイドブックです。
監修はインド映画の第一人者、松岡環さん。執筆は、宇田川幸洋氏、暉峻創三氏、塩田時敏氏等アジア映画ファンにはお馴染みの豪華執筆陣の他、タミル語やテルグ語、カンナダ語等の各地域の専門家、音楽評論家のサラーム海上さんを始めとした、ファッションや食文化などそれぞれの専門家が「インド映画は何故面白いか」を明晰に解析しています。
私は序章「いま、インド映画が来てる!」で佐野亨さん、野崎歓さん、石坂健治さんとともに「新感覚インド映画」として『女神は二度微笑む』の評論を書いている他に、「新感覚インド映画の誕生」という小論を寄稿しています。ぜひ書店でお手元にとってご覧ください。

インド映画完全ガイド ボリウッド・フィルムに首ったけ

インド映画完全ガイド ボリウッド・フィルムに首ったけ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2015/10/08
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キネマ旬報増刊号 戦後70年目の戦争映画特集 [アジア映画]

8/6発売の『キネマ旬報増刊号 戦後70年目の戦争映画特集』に、「中国映画は日中戦争をどう描いたか」という論考を寄稿しました。抗日映画の歴史をざっと振り返りつつ、『鬼が来た!』『南京!南京!』『金陵十三釵』『ジョン・ラーベ~南京のシンドラー~』『紫日』などについて書いています。
キャッチコピーが「映画は何ができるのか」。今現在、われわれが読まなければいけない記事が目白押しかと。ぜひ夏休みにご一読を。
キネマ旬報増刊 戦後70年目の戦争映画特集 No.1696

キネマ旬報増刊 戦後70年目の戦争映画特集 No.1696

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2015/08/06
  • メディア: 雑誌



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チェン・ユーシュン監督インタビュー [アジア映画]

『祝宴!シェフ』チェン・ユーシュン監督のインタビューがLOAD SHOWに掲載されました。

名作『熱帯魚』『ラブゴーゴー』で“台湾ニューシネマ”監督としてその名を定着させたチェン・ユーシュン監督。16年ぶりの長編映画は、アイドル志望の女の子が料理の下手な母親やおかしな仲間たちと料理コンテストに挑む、テンポのよい料理エンタテインメントだ。来日した監督に、これまでの経緯やこの映画にかける思いを伺った。

私はこれからもずっと、取るに足らないような人が、何かを見つけていく成長の過程を描いていきたい。なぜなら、自分こそがずっとそういう存在だったからです。

http://culture.loadshow.jp/interview/chen-yushun/

『祝宴!シェフ』は絶賛公開中!

「アジア映画の森の歩き方」vol.3 タイ現代篇 [アジア映画]

連載のvol.3はタイ現代篇です。

第27回東京国際映画祭の「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA #01 魅惑のタイ」を特集、石坂健治PDにタイ映画の現状と特集のみどころを聞いています。

前編 http://culture.loadshow.jp/special/asia-tai1/
新しい世代が沸き立つタイ/バンジョン・ピサンタナクーンを頂点としたエンタメ系/アピチャッポン・ウィーラセタクンを頂点とするアート系

後編 http://culture.loadshow.jp/special/asia-tai2/
アート系とエンタメ系の中間にいる監督たち/タイ映画の魅力と日本との関係

東京国際映画祭は10/23(木)から!

バンジョン・ピサンタナクーン監督 インタビュー [アジア映画]

LOAD SHOWに『愛しのゴースト』バンジョン・ピサンタナクーン監督のインタビューがアップされました。ホラー、ラブコメ、30回以上リメイクされた「メー・ナーク・プラカノーン」のリメイク、と異色の製作歴ながら国民の10人に1人が鑑賞する大ヒットとなったこの作品について、製作の経緯やかける思いなどを聞きました。

http://culture.loadshow.jp/interview/banjyon/

映画は10月18日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート六本木ほか全国公開です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「アジア映画の森の歩き方」vol.2 韓国 現代篇 [アジア映画]

連載のvol.2は韓国現代篇です。

vol.2 韓国 現代篇 岡本敦史×夏目深雪

韓国映画に造詣の深い岡本敦史さんを迎え、最近の韓国映画の動向や公開中、これから公開する映画について話し合っています。

#01 韓国映画の最近の動向+「超絶・全部盛り」アクション映画『サスペクト 哀しき容疑者』
http://culture.loadshow.jp/special/kankoku-gendai/

#02 深化する復讐もの―『ソウォン/願い』『さまよう刃』
http://culture.loadshow.jp/special/kankoku-gendai2/

#03 時代を映し取るサスペンス『テロ,ライブ』+これから公開する映画
http://culture.loadshow.jp/special/kankoku-gendai3/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - アジア映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。